茅ヶ崎トラストチーム

浜っ子パーク、茅ケ崎トラストチームへのお問い合わせはこちらへ
info@chigasaki-trust-e.net
おやこdeひなんじょ体験 感想
共催させていただきましたイベントの感想が届いたのでアップします。

茅ケ崎トラストチームとしても、はじめての場所でのイベントだったので、
キャンプ場に泊まって安全面でのチェックをしたり、作業時間をはかったり、
通常のイベントよりも、時間をかけて準備しました。

参加して下さったパパ・ママが、何よりも趣旨を理解して下さったのが
大変ありがたかったです。

そして、このような機会を提供下さった社会教育課さんにも感謝です。
引き続き、みんなで積極的にチームワークを構築できるような「対話」
に重きをおいたプログラムを提供できるようにしたいと思います。
ありがとうございました。

*地域の避難場所等につきましては、各地域でご確認ください。

 
続きを読む >>
| CTT | 市民共育 | 16:08 | comments(0) | - | - | - |
東日本大震災31回目の月命日に 「おやこDEひなんじょ体験 in 柳島キャンプ場」
茅ケ崎市 教育委員会 教育推進部 社会教育課主催
「おやこDEひなんじょ体験 in 柳島キャンプ場」 
〜みんなで力を合わせてのりこえよう!親子で体感、
 考える二日間(10月11日(金)〜12日(土)!〜無事終了しました。

 
はじめて出会った親子が10組。
パパもママも、男の子も女の子もいました。
仲間作りのゲームや薪集めや火おこし、竹のはし作りなどミッションをこなしながら、すぐに仲良くなりました。
そして、協力して避難所を擬似体験
(今回は、サバイバル技術ではなく、
前向きな空気を作り出し、積極的にチームワークを構築できるような
「対話」に重きをおきました)
夜は大部屋にざこ寝をしました。
翌日は親子での約束ごとや今回の体験での気づきを確認しつつ、それぞれの家庭に持ち帰ってもらいました。
親子での気づきもたくさんあったようです。
 
継続してできるといいなぁ。
そして、次回があれば、ぜひ企画者として参加してください。
共催として参加させていただき、私たちも少し離れたところから見ることができて、いろいろな気づきがありました。
ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

 
当日の様子をお楽しみください
キャンプネーム「ひめ」が優しく対応
P1060121.JPG 
スタート前に親子で記念撮影♡
 P1060122.JPG P1060123.JPG
 P1060124.JPG P1060125.JPG
スタッフの口元に注目!×と書かれたマスク!

茅ケ崎市 都市部 公園みどり課さんに、避難経路を確認して頂きました!
P1060130.JPG P1060131.JPG P1060132.JPG
避難経路を確認したあとは、はじめてあった人たちが仲良くなる為のゲーム
P1060137.JPG P1060144.JPG 
P1060151.JPG
仲良くなったら、班長さんと、グループ名を決めます。



チーム団結!                     チームS0S                      
P1060152.JPG P1060153.JPG 
ひよ子チーム
P1060154.JPG
いちばんはじめのミッションは、薪広い
P1060162.JPG P1060164.JPG
大人のミッションは、火起こし
P1060166.JPG P1060172.JPG P1060168.JPG
竹はしづくり
P1060178.JPG P1060181.JPG P1060180.JPG
防災対策課さんのお話
P1060189.JPG P1060192.JPG
寝る準備。その間、班長会議
P1060203.JPG P1060205.JPG P1060206.JPG
おはよう!
P1060217.JPG P1060219.JPG P1060221.JPG
頭の体操!あるものを工夫して使う。食器がなければ、創っちゃえ!でもラップは必需品。
P1060212.JPG P1060211.JPG P1060210.JPG
朝食は、おかゆと、缶ビスケット
P1060227.JPG P1060223.JPG P1060224.JPG
もう一度、親子で確認
P1060230.JPG P1060229.JPG P1060232.JPG
最後の振り返りは、大人はアンケート。子どもは聞きとり
P1060233.JPG P1060235.JPG 
お疲れさまでした。みんなで記念撮影!

 

*イベントに参加された方で、写真がご入り用な方は、その旨記載し、info at chigasaki-trust-e.netに、お送りください。
(※迷惑メール防止のため、お手数ですが、at部分を@に変えて前後のスペースを削除して送信願います)

 
続きを読む >>
| CTT | 市民共育 | 08:28 | comments(0) | - | - | - |
Theサバイバル2013にむけて メモ
Theサバイバル2013の実行委員会を立ち上げる準備を始めます。
 例年、幼児や小学生のお子さんがいるおかあさんにヒアリングをしたり
実行委員会に入っていただいたりして、企画をすすめるので
今までの経緯等をご説明させていただくこともあるので、その為のメモです。
 
もし、今、地震がきたら・・・
もし、大人がいない時に大地震がきたら・・・
こんな投げかけからスタートです。
学校で何を学習しているんだろう。
その学習がいかせるようにできないかなぁ。
家庭では何をすればいいか、コミュニティーでは何をすればいいか、
ママたち自身が考え、そして計画ができるように進めています。
 2009年 ふれあいのわ

*2012年度は、防災教育チャレンジプランの実施団体として
 安全で安心できる「まち」をつくるには、と様々な学習を重ねました。
*今までの活動を通して、大きな課題だと感じたのは、情報の共有です。
  仝査辧λ漂劼亡悗垢詬諭垢蔽慮が、市内に散在しているにもかかわらず、
  そこにアクセスする仕組みがない。
  都市型コミュニティーということもあり、人と人の関係性はスマートで
   日中、仕事で市外に出てしまうと、市内の情報にアクセスするのが
   難しい。
  情報に関する認識の世代間格差もあります。
   みんなが同じように情報を共有する、というのは不可能です。
 
   オンライン×オフラインで情報の流れを把握し、
   情報流通のハブとなってくれる人や団体を探し当てることが
   必要なように思います。
   Theサバイバルの企画をする時に、オフライン×オンラインの
   情報共有の仕組みを考えて企画しました。
   ・・・とはいっても、私たちだけで、できることではありません。
   全市で取組む必要がある、と思います。
   一歩ずつ、一歩ずつ・・・・
   
  
続きを読む >>
| CTT | 市民共育 | 16:35 | comments(0) | - | - | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ RECOMMEND
食農教育 2010年 01月号 [雑誌]
食農教育 2010年 01月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

茅ヶ崎トラストチームの記事が載っています。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE