茅ヶ崎トラストチーム

浜っ子パーク、茅ケ崎トラストチームへのお問い合わせはこちらへ
info@chigasaki-trust-e.net
茅ヶ崎まるかじりプロジェクト風 ハレ と ケ

どぶろくを頂戴しました。

 昨年度、文教大学湘南総合研究所の岡野先生に、アルバックさんとの
ご紹介いただき、茅ヶ崎トラストチームもお米づくりに年間を通して参加させて
いただきました。1年間の様子はこちら
(正確にいうと地主さんである野中さんが、毎日お世話して下さってました・・

 できあがったお米をわけていただき、四苦八苦しながら米粉をつくりまゆ玉をつくりました。
1月には海岸どんど焼きができました。
 熊澤酒造さんに、お酒のつくりかたを、レクチャーして頂く機会もあり、とっても楽しみに
していたどぶろくをわけていただきました。
 茅ヶ崎トラストチームのみんなで頂く前に、こっそり味見をしてしまいました。
どぶろくって、はじめて飲むから、何を基準にというのか、私にはわかりませんが
でも、とってもおいしかった!!! みんなは、なんて言うかな。
    
 田んぼづくりは、ぜひ、やってみたかったことの一つです。
浜っ子パークを開設したのは、2002年。(2002年 2003年 パーク開園の経緯
海のそばの新しい町であるためか、伝統行事がなかったので、
もちつき、七草がゆ、どんど焼きなどを、遊び場に取り入れました。
 2008年に、伝統文化子ども教室(文化庁委嘱事業)に採択され、
『身近な伝統行事を探そう!Part1』といったプロジェクトを開催し、体験×学習をセット
することで、伝統行事が、茅ヶ崎の風土や生業によって培われ、
自然、人、社会を繋げる仕組みになっていった、ということを知ることができました。

 稲作文化における年中行事を、ハレとケを巧みに盛り込んだ暗黙知の集大成のような
仕組みとして捉えると農業社会から工業社会を経て、情報社会になった今、
茅ヶ崎のいろんなイベントを、知識創造空間にとりこみ、持続可能な社会を創るための、
仕組みとしての年中行事として再構築し、まちの力(持続可能な社会をつくる力、防災力、
環境保全力、教育力等)にすることができるのではないかなぁ〰と、田んぼプロジェクトに携わり、
ますます強く思うようになりました。

 実現するためには、これからの「まち」や未来に焦点をあわせ、いろんなことを
議論しないといけないし、対話を重ね、協働することも必要になるんだろうな、と
つらつら思う嵐の前の休日です。

| CTT | 田んぼプロジェクト | 00:54 | comments(0) | - | - | - |
田んぼプロジェクト雑感
 今年度は、文教大学湘南総合研究所さんに、アルバックさんの田んぼプロジェクトを
ご紹介いただき、お米づくりに年間を通して参加させていただきました。

続きを読む >>
| CTT | 田んぼプロジェクト | 07:11 | comments(0) | - | - | - |
今年度の浜っ子風伝統行事は終了しました
 
機械を使わず、手で代搔きをし、田植えをしました。
続きを読む >>
| CTT | 田んぼプロジェクト | 16:26 | comments(0) | - | - | - |
稲刈り
  アルバックさん×文教大学湘南総合研究所の田んぼプロジェクトの末席に
茅ヶ崎トラストチームも座らせて頂いています。

 その田んぼで、そろそろ収穫がはじまります。
収穫したお米を使って?どんど焼きのまゆ玉を、今年はつくります。

 でも、お米→まゆ玉のプロセスがよくわかりません。
わからない時は、みんなに聞いてみよう!ということで、
どなたか、茅ヶ崎の知恵をお教え頂けませんか?


| CTT | 田んぼプロジェクト | 09:28 | comments(0) | - | - | - |
稲が大きくなりました。
  文教大学さんにご紹介頂いて、 アルバックさんの田んぼプロジェクトの仲間に
入れて頂いています。
 
 「どんど焼きを、今の時代にあわせて蘇らせたい!」とまゆ玉を、
この田んぼプロジェクトでゲットしたお米で作りたいと考えています。



 お米づくりにかかわらせていただくことで、その大変さを少しは理解することができ、
食事前の「いただきます」「ごちそうさま」という言葉を、ずっと大切にしていきたい、と
自然に思うようになります。
 どんど焼きなどの年中行事は、自然、人、そして社会とを繋げる仕組み、と理解すると
それを継承し、発展する形で、今によみがえらせることができるのではないでしょうか。




| CTT | 田んぼプロジェクト | 17:03 | comments(0) | - | - | - |
いのちを守る身近な「みどり」~できる人が できる時に、できる事で 楽しくね♪
いのちを守る身近な「みどり」


  例年、3月の浜っ子で、子どもたちがお店を出し、その売り上げを
直接市長さんにお届けし 、
茅ヶ崎市緑のまちづくり基金に寄付しています。

 海のそばに住む私たちは、自分たちのいのちを守るだけでなく、未来のいのちを育むためにも
身近な「みどり」に関心をむけ、大切にできたらいいですね。


続きを読む >>
| CTT | 田んぼプロジェクト | 05:56 | comments(0) | - | - | - |
田植えにいってきました
    
田んぼまで、歩いていきました。
目指す田んぼについたら、アルバックさんがすでに準備をして下さっていました。


続きを読む >>
| CTT | 田んぼプロジェクト | 16:01 | comments(0) | - | - | - |
本日の茅ヶ崎まるかじり探検は・・・
 浜っ子パークでは、昔からある年中行事を大切にし、未来にも繋げたいと考えています。
 年中行事を実施するために、いろいろ調べる中で、年中行事の基盤となっている農業
のことを知りたいと思うようになりました。
そうはいっても、自然に向き合いながら田んぼに通うのは、勤め人にとっては大変難しく、
思案していたところ、文教大学湘南総合研究所さんのご紹介で、アルバックさんのCSR
活動である「田んぼプロジェクト」に参加させていただくことになりました。

 今日は、茅ヶ崎にある唯一の大学 文教大学のバス停で、「田んぼプロジェクト」の川島さん
と待ち合わせをして、まずは、農協に苗を取りにいくことになりました。




   
  

 


| CTT | 田んぼプロジェクト | 13:06 | comments(0) | - | - | - |
三者の関係
 浜っ子パークでは、「伝統行事」をとりあげることを通して、「今」を「過去」から考え、いかにして「未来」につなげることができるか、考えています。

 家庭・学校・地域の三者の関係を、広田照幸先生の「日本のしつけは衰退したか」
参考に作図しなおし、考えてみます。
 





⇓ここからは、発展させて考えてみました。


今、上記の「現在」の関係が進み、社会はますます膨張し、
自律した個人を前提としたネットワーク社会での
コミュニティ―の再構築は大変、難しくなってきた、と考えました。

また、学校に意見や考えを述べる保護者を「モンスターペアレント」と称することで
すっかりコミュニケーション不全となってしまった、といえるのではないか、と
考えました。

このようなコミュニケーション不全の社会で、規範意識醸成は困難といえそうです。





そこで、考えたのが次の図。
『過去から学び、今に生かし、未来につなげる』

都市型コミュニティーの中に、農耕生活の営みや歳時記をヒントに
生活にリズムと、循環の意味を仕込めばいいのではないか、と考えました。

加えて、そこには、子どもたちの発達段階に応じて
多様な人との情報の交換の「場」といった意味も必要と考えています。

もう少し、実践を通して考えていきます。


| CTT | 田んぼプロジェクト | 05:56 | comments(0) | - | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
+ RECOMMEND
食農教育 2010年 01月号 [雑誌]
食農教育 2010年 01月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

茅ヶ崎トラストチームの記事が載っています。
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE